相続

遺言の作成、遺産分割協議書の作成

遺言で円滑な相続を

 遺言を残して円滑な相続をしましょう。

 どんなに仲のいい家族でも、お金、不動産が絡む話はしづらいものです。「仲良く分けてくれればいい」ではなく「仲良く分けてもらえるように段取りをしておく」。それが遺言の役割です

遺言を書かずに亡くなってしまった場合は

 相続人全員で協議をして相続財産を分割しましょう。分割協議がまとまらないと相続財産を処分、活用することができません。相続税の納付が必要な場合は、10ヶ月以内に分割協議をまとめて手続きをしましょう。

 親族間で分割協議を切り出すのは難しいこともありますが、分割手続きを放置していると、相続人の一人が死亡するなどして二次相続に発展してしまい、さらに事態を困難にしてしまうこともあります。できるだけ早めに分割協議をまとめることをお勧めします。

 また分割協議が必ずしもうまくまとまるとは限りません。「遺言があったら避けられた」事態にならないためにも、事前に遺言を残して備えることをお勧めいたします。

戸籍の収集

 

 相続手続きを始めるためには、まず戸籍を収集しましょう。

 銀行手続きなどの際に、亡くなった方(被相続人)とご自身(相続人)の関係を「出生から死亡まで」の戸籍を集めて証明しなくてはならないためです。

 直近の戸籍(除籍)だけでなく「原戸籍(はらこせき)」とよばれるその一つ前、さらに親の世代までの戸籍を集めてはじめて「出生から死亡まで」を網羅することができます。遠方から引っ越すなどで転籍している場合は、転籍前の市町村に戸籍を請求する必要があります。

 戸籍は、転籍、婚姻、離婚、養子縁組、名前の変更、行政による改正、誤記、訂正などにより書き換えられ、その記録が残ります。そのため、非常に複雑で読み解くことが難しい場合があります。

 

 戸籍収集のプロにまかせて、スムーズに手続きを始めましょう。

 

終活、後見、生前整理

 任意後見制度を活用して、判断能力のあるうちに認知症に備えましょう。財産管理と身上監護を委任する契約書を「公正証書」で作成して、安心した人生をお送りいただけるようお手伝いいたします。

 そのほか、生前に交わす死後の委任契約書の作成、エンディングノートの活用など、終活に関わるご案内をいたします。

YOSHOKA GYOUSEI-SYOSHI JIMUSYO
埼玉県さいたま市大宮区寿能町2-37-8
email: yoshioka.g.office@gmail.com
phone: 048-645-5101
mobile: 090-9207-1530
​​​© 2020 YOSHIOKA GYOUSEI-SYOSHI JIMUSYO