契約書の作成

 

「権利義務に関わる書類(契約書)」の作成は

書類作成の専門家である行政書士へ

例えば、贈与契約書

贈与をする場合、契約書を交わすことを強くお勧めいたします。

金銭のやり取りを客観的に記録することで、後々のトラブルを避けることができます。

例えば、親から子へ贈与をする場合、兄弟間の公平を保つ、相続時に相続人間での争いを起こさせないなどの目的から、贈与契約書を作成することが一般的です。

また、負担付贈与契約のように、何かをすることと引き換えに贈与をするのであれば、しっかりとした取り決めをしておく必要があります。

当事者間で合意していることを示すだけでなく、第三者(当事者の相続人など)が客観的に効力を認めるような内容の契約書を作成しましょう。

その他、人の「権利義務に関わる書類」はしっかりとした契約書という形で作成し、当事者の双方(あるいは全員)が保管する形をとりましょう。

当事務所では

  • ご相談、契約内容のご説明

  • 契約書の作成

を行っております。

報酬は契約書の内容によって変化します。

契約書の作成    ¥30,000~​