遺言・相続に関するご依頼の期間、報酬の目安
ご依頼内容の例、期間、報酬の目安をご紹介いたします。

「相続手続きで戸籍の証明が必要になった​」

「銀行手続きで戸籍を取るよう言われた」

など

 

法定相続情報一覧図の作成

戸籍を収集して相続人を調査し、法定相続情報一覧図を作成します。銀行手続き、登記手続きなどの際に、相続人であることを証明することができます。

内容

  1. 相続人調査

  2. 親族関係図作成

  3. 法務局に法定相続情報一覧図の請求

1ヶ月

¥50,000~

  • 戸籍取得費用

  • 郵送料など

が別途かかります。

「専門家に依頼をして確実な遺言を作成したい」

「相続で家族に負担をかけたくない」など

公正証書遺言の作成

公証人役場で「公文書」として遺言を作成します。遺言の法律効果が保障されるため、相続トラブルを未然に回避することができます。相続手続きが速やか、確実であり、遺族の方の負担が最も少ない方法です。

内容​

  1. 遺言内容のご相談

  2. 各種証明書取得

  3. 財産目録作成

  4. 遺言案文作成

  5. 公証人と調整

  6. 公証人役場で署名押印、完成

(証人2名は当方が務めます)​

3ヶ月程度

¥220,000~

  • 公証人手数料

  • 証明書取得費用

  • 郵送料など

が別途かかります。

「費用を抑えて遺言を作りたい」

「相談をした上で、自分で遺言を書きたい」など

 

自筆証書遺言の作成

遺言の内容、相続人、財産の内容をお聞き取りし、目的に合わせた遺言の案文を作成します。本文は自筆していただく必要がありますが、記載が面倒な財産目録はこちらで作成します。

法務局で開始される「自筆証書遺言書保管制度」のご案内もいたします。

内容

  1. 遺言内容のご相談

  2. 財産目録作成

  3. 遺言案文作成

  4. 自筆証書遺言書保管制度のご案内

​(令和2年7月10日より)

1ヶ月程度

¥70,000~

  • 証明書取得費用

  • 郵送料など

が別途かかります。

「遺言がなく親族が亡くなった」

相続手続きを始めるために遺産の分割をしたい」

など

遺産分割協議書の作成

相続人、遺産の内容を調査し、遺産分割協議書を作成します。相続人全員が内容に同意し著名押印することで、銀行手続き、登記手続きなどに取り掛かることができます。

遺言がない相続では「遺産分割協議書」が必要になります。

内容

  1. 分割内容のご相談

  2. 相続人調査

  3. 財産目録作成

  4. 分割協議書作成

3ヶ月程度

¥300,000~

  • 証明書取得費用

  • 郵送料など

が別途かかります。